任意保険 見直し

自動車任意保険の1番簡単な見直し方法

自動車任意保険 相場

自動車任意保険 比較

自動車任意保険 最安値

自動車任意保険 料金

自動車任意保険 安い

自動車任意保険 最安値

 

 

自動車保険は1年毎にノンフリート等級が変化するため、基本的に1年更新です。

 

面倒だからと見直しをせずに、毎年更新していませんか?

 

自動車保険はどんどん新しい商品が開発され、もっと保険料が安くなるかもしれないのです。

 

いまと同じ補償内容で、もっと保険料の安い自動車保険があるなら変えたいと思いませんか?

 

それなら自動車保険一括見積もりが簡単でオススメです。

 

自動車保険見直し

 

一度情報を入力するだけで、複数の業者から見積もりを取って比較することができます。

 

返事はほとんどハガキで送られてきますので、電話対応がわずらわしい型にもおすすめです。

 

この方法で平均25000円も保険料が下がったというデータがあります。
自動車保険の更新の方は、ぜひご活用くださいね。

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険見直し

 

自動車任意保険には、どのような補償内容があるのかご存知ですか?
大きく分けると辻の4種類の補償があります。

 

@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。

 

 

@対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていきます。
どんな補償をいくらつけるかによって、保険料は変わります。

 

 

自動車保険の理想的な補償

 

自動車保険 補償

 

さて@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険についてはだいたい分かったでしょうか?
ではこれらの補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わるので、どのくらいの補償が必要か考えましょう。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

ひとつずつ見ましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合は億単位の賠償金が請求されることが本当にあります。
高額賠償に備えて、必ず無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は高額になることがあります。
信号機などは機械の修理費用だけでなく工事費もかかるからです。
高額の費用請求に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
最近は無保険で車を運転している若者だけでなく、高齢者も増えています。
車が必要なのに保険料が高額という理由で加入していない高齢者との事故は、賠償金が支払われないこともあるので自分で備えましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておくのがオススメです。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険をつけると保険料がかなり上がるので必要かどうか検討して加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約

 

自動車保険 特約

 

自動車保険には必要な人にだけカスタイマイズできる特約があります。
どんなものがあるのでしょうか?

 

 

<弁護士特約>
特約の中で最も有名なのが弁護士特約ではないでしょうか?

 

例えば自分の車が停まっていたにもかかわらず、別の車が突っ込んできた場合など、こちらに責任の無い事故をもらい事故と言います。
この場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険は示談交渉をすることが出来ません。

 

もらい事故の場合は相手方との交渉は自分自身で行うか弁護士に委任するしかないのです。
相手は保険のプロですから、もらい事故の処理を自分で行うと不利になりがちです。
そんな場合に備えて弁護士費用を補償するのが、弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。
自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合などがそうです。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

<ファミリーバイク特約>

 

原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象で、記名被保険者とその家族を補償します。

 

原付バイクは自賠責保険への加入が義務付けられていますが、任意保険に加入している人は少ないです。
原付バイクの事故にも備えましょう。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選べます。
「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

このような特約は保険会社によって少しずつ違います。
どんな特約を付けるか、よく検討してみてくださいね。

 

 

自動車任意保険の代理店型と通販型とは?

 

通販型 自動車保険

 

自動車保険には代理店型と通販型があります。
テレビコマーシャルでも通販型が増えましたね。

 

どちらが良いのか判断できない方も多いのではないでしょうか。
代理店型と通販型の違いを見てみましょう。

 

昔ながらの代理店型というのは、お住いの近くに店舗を構えており、そして担当者がつきます。
いざという時の事故に備え頼れるパートナーというイメージで、もしもの事故の時に誰に連絡すればいいのかがわかりやすいです。

 

では通販型はどうでしょう?

 

通販型はお近くに店舗を構えず一括集中で管理しており、事故の時には事故対応スタッフが派遣されます。
代理店型よりも店舗や人員を数多く持たない分、任意保険の保険料が安いというメリットもあります。
そして24時間インターネットで好きな時間に申し込むことが出来るので、忙しい方々に支持されています。

 

このように代理店型と通販型にはそれぞれメリットもデメリットもあり、どちらが良いとは言い切れません。
どちらを選ぶのかは安心重視か保険料重視、人によるということですね。

 

 

事故に遭った時にすること

 

事故 手続き

 

いざ事故に遭ったら誰しもパニックになります。
自分の名前はともかく、事故を起こした場所を聞かれると場所が分からずパニックになったりするものです。

 

ですから冷静な今のうちに「事故の時にやるべきこと」を読んで、把握しておきましょう。

 

事故の時、救急車や警察、保険会社など連絡すべきところがたくさんありますが、どんな順番で通報するのが正解なのでしょう?

 

@怪我人がいる場合はまず救急車を呼んで、応急救護措置を取りましょう。
もし近くに人がいる場合は協力を仰いで、助けてもらいましょう。
交通量の多い場合は二次災害に注意して、安全な場所に移動してくださいね。

 

A次に警察に連絡します。
小さな事故でも「事故証明書」がないと保険金が出ないことがありますので、面倒と言わずに必ず警察を呼んでください。

 

B相手の氏名・生年月日・住所・電話番号・ナンバープレートなどを確認しておきましょう。
もし相手が加入している保険会社がわかるなら、証券番号を確認しておいてください。
そして相手の連絡先を聞いておきましょう。

 

C保険会社に連絡します。
事故の直後は「大丈夫、怪我はありません」と言っていた相手でも日が経つと体に痛みが出ることがあります。
事故直後のようにアドレナリンが出ている間は、痛みを感じにくいと言われていますから仕方がありません。

 

事故のことはその場で口約束をしないでくださいね。