任意保険 見直し

自動車任意保険の1番簡単な見直し方法

自動車保険 保険料 見直し

自動車保険 価格 見直し

自動車保険 条件 見直し

自動車保険 補償 見直し

 

自動車保険は1年毎にノンフリート等級が変化するため、基本的に1年更新です。

 

面倒だからと見直しをせずに、毎年更新していませんか?

 

自動車保険はどんどん新しい商品が開発され、もっと保険料が安くなるかもしれないのです。

 

いまと同じ補償内容で、もっと保険料の安い自動車保険があるなら変えたいと思いませんか?

 

それなら自動車保険一括見積もりが簡単でオススメです。

 

自動車保険見直し

 

一度情報を入力するだけで、複数の業者から見積もりを取って比較することができます。

 

返事はほとんどハガキで送られてきますので、電話対応がわずらわしい型にもおすすめです。

 

この方法で平均25000円も保険料が下がったというデータがあります。
自動車保険の更新の方は、ぜひご活用くださいね。

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険見直し

 

自動車任意保険には、どのような補償内容があるのかご存知ですか?
大きく分けると辻の4種類の補償があります。

 

@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。

 

 

@対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていきます。
どんな補償をいくらつけるかによって、保険料は変わります。

 

 

自動車保険の理想的な補償

 

自動車保険 補償

 

さて@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険についてはだいたい分かったでしょうか?
ではこれらの補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わるので、どのくらいの補償が必要か考えましょう。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

ひとつずつ見ましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合は億単位の賠償金が請求されることが本当にあります。
高額賠償に備えて、必ず無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は高額になることがあります。
信号機などは機械の修理費用だけでなく工事費もかかるからです。
高額の費用請求に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
最近は無保険で車を運転している若者だけでなく、高齢者も増えています。
車が必要なのに保険料が高額という理由で加入していない高齢者との事故は、賠償金が支払われないこともあるので自分で備えましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておくのがオススメです。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険をつけると保険料がかなり上がるので必要かどうか検討して加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。